クレジットカード

クレジットカード 比較



クレジットカードを、色々と比較したことはありますか?

自分の生活様式に合わせて活用すると
同じ買い物をするのでも、ポイントなどの特典が付いてお得ですよ。

ほんの数パーセントの事かもしれませんが、消費税だったら数パーセント上がるだけで、
かなり出費が増えますよね。

たかが数パーセント、されど数パーセント。ちりも積もれば山となりますよ。
お得な山を作って、楽しく暮らしましょう。


このサイトでは、そんな有効活用方法なども紹介していきます。
まずは色々比較して、使用用途に合わせたおすすめを選んでみました。

それぞれの利点を比較して、お得な一枚を選んでみてください。

高還元率なら

REX CARDはこちら

誰にでもおすすめなのが、高還元率です。

安く売っているお店を探す時に使う価格.com。
その価格.comが作ったカードですから
お得なのも当然ですね。

年会費が無料でも、有料でも国内最高水準の還元率です。

REX CARDはこちら

法人、個人事業主なら

JCB法人カードはこちら

法人や、個人事業主の社長さんには、仕事専用としておすすめです。

仕事なら使う金額も多いですから、ポイントも貯まりやすいですよね。
ETC機能もありますから割引を使えますし、
ポイントを有効活用すれば経費削減にも有効です。

ゴールドにもできますよ。

JCB法人クレジットカードはこちら

旅行に行くのなら

JALカードはこちら

海外旅行に行く場合や、国内でも遠い場合は、空港を利用しますよね。
航空会社の特典として、空港のラウンジが利用できます。

国内旅行でも、海外旅行でも傷害保険もついています。

マイルが貯まりますから、貯まったマイルで又次の旅行に行けますね。

JALカードはこちら

車をよく使うなら

JCBドライバーズプラスカードはこちら

ガソリンスタンドや高速道路での使用分が、キャッシュバックされます。

毎月の使用量に応じて、キャッシュバックの金額が増えますので
使えば使うほどお得になります。

営業の仕事などで、ガソリン代は自分持ちの人などにおすすめです。
もちろん、遊びでドライブ好きな人にもおすすめです。

JCBドライバーズプラスカードはこちら

コンビニをよく使うなら

セブンカード・プラスはこちら

コンビニ最大手、セブンイレブンでお馴染みの、セブンアンドアイグループのカードです。

セブンイレブンの他にも、イトーヨーカドーやデニーズなどもグループ企業です。

電子マネーのnanacoとしても使えるので、使える用途が広がりますね。

セブンカード・プラスはこちら




いかがでしょうか? 用途に合う物はありましたでしょうか?

それぞれ用途が違うので、それぞれに優劣は無いですよ。
特にNo.2、No.3、No.4は、使わない人には全く関係ないですね。

生活に密着したコンビニは、使う人はかなりの頻度で利用します。
こういう場合は、No.5はかなり有効ですよ。

NO.5は電子マネーがついているのも、おすすめ理由です。
消費税の増税後、電子マネーは利用が増えています。

8%だと1円単位の端数がでるので、会計が楽な電子マネーの需要が
以前よりも増えているそうです。

電子マネーもポイントがつくので、増税に対抗する意味での
人気もあるとの事です。


特に用途がなければ、やはり還元率重視のNo.1が良いと思います。


サイト内でもおすすめなどを紹介していきますので、色々探して見てくださいね。



クレジットカード 注意



クレジット払いは便利ですが、当然注意点もあります。

当たり前ですが、引き落とし日を確認して、しっかり期日に代金を払いましょう。
うっかり忘れていたでは、済まなくなりますよ。

支払い状況は、信用情報に載ります。
その場合、支払いに遅延があったかどうかが載ります。

理由がうっかりだったかどうかは、関係ありません。


うっかり忘れていただけで、将来住宅ローンを借りようと思った時に
借りられないという事も起こりますよ。

もちろん住宅に限らず、他のローンでも同様です。


ゴールドやプラチナになりたいと思った時も、やはり信用情報は大事ですね。
信用がなければ作れません。


クレジット払いは、借金をしている状況です。
返済能力以上に使う事はやめましょう。

まさにご利用は計画的にですね。


多少不安になるような事も書きましたが、要は普通に使えば良いだけです。
実際私は日常的に使っています。

現金を使うのは、現金でしか支払いができない時くらいです。

一回払いの場合は金利、手数料がかかりませんから
無利子でお金を借りているのと同じ状況です。
これって凄い事ですよね。


小さな金額でも使い続ければ、大きな金額になります。
最初にも書きましたが、ちりも積もれば山になります。

自分の支払い能力を考えて、利用残高などに注意しつつ
最大限に利用していきましょう。