隼 バイク カウル

隼のカウルは空力を考えて
あの形になったと言われています。

風洞実験の写真やイラストが
本によく載っています。
 ↓  ↓

SUZUKI HAYABUSA (エイムック 2870)


風があまりライダーに当たらないと言う事は
雨もあまり当たらないと言う事になります。

先日それを実感しました。



午後から雨の予報だったので
それまでには帰ってくる予定でツーリングに行きました。

降り出しが予報より早く
高速道路を1時間ほど雨の中で走る事に。


防水ジャケットを着ていたので
カッパを着ないでそのまま帰る事にしました。

高速を降りてからは、10分ほどで自宅です。


家に帰って確認してみると服で濡れていたのは

両腕、胸、太もも

くらいでした。
ヘルメットは当然濡れていますが。


ブーツが全く濡れていなくて驚きました。
基本的に下半身はほぼ濡れないようです。

太ももはヘルメットや胸などに当たった水が
そのまま垂れた感じの濡れ方でした。


高速道路で降られたおかげで
止まる必要がなかったのが
良かったのかもしれません。

街乗りでスピードも遅くて
発進、停止を繰り返していたら
もっと濡れたとは思います。


スクリーンもツーリングタイプに替えてあります。
  ↓  ↓



走っている分には
スクリーンの内側も全く濡れません。

ナビやレーダー探知機もこの位置なら
そのままでなんの問題もありませんでした。




マルチバーホルダーおすすめです。
  ↓  ↓

デイトナ(DAYTONA) マルチバーホルダー(ステムクランプタイプ) /ブラック 78412





素直にレインコートを着れば良いのですが
高速を走っていると
PAやSAがないと着られませんよね。

あまり濡れない事が分かっていれば
直ぐに着られなくても安心です。

寒い時期は濡れる前に
レインコートを着た方が良いですけど。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。